CADの基礎知識と導入するメリットを知りましょう

CADの基礎知識と導入するメリットを知りましょう

CADの特徴とその種類を紹介

CADとはそもそもComputer Aided Designの略称です。製品の図面を作成するとき、これまでは手書き作業でしたが、CADの登場によってコンピューター上で作図をすることができるようになりました。現在はほとんどのメーカーでCADが導入されていて、自動車、家電製品、スマートホン、電子部品などはほぼCADで製図が作られています。このCADは大きく分けて2つの種類があります。それが二次元CADと三次元CADです。二次元CADというのは、平面図や立面図を作成するときに用いられるツールです。CADの中でもっとも簡単なものです。それに対して、三次元CADというのは立体図を作成するときに用いるものであり、あらゆる角度から眺めることができて完成品をイメージしやすいというメリットがあります。

CADを導入する利点を紹介

CADを導入する利点としては、いろいろなものがあります。1つは作業効率のUPです。手書きからパソコン上の作図に変わりますので、時間の短縮になります。たとえば、間違えた個所に線を引いたときは消しゴムでいちいち消さないといけませんが、CADならすぐに削除できます。寸法や面積の調整もCADが調整してくれるので目視による確認も要りません。このような編集のしやすさはCADの大きなメリットです。また、保存しやすいことも利点の1つです。CADであれば電子データとして保存することが可能であるのに対して、手書きであれば管理するのに収納スペースを用意しなくてはいけませんし、もし紛失したら大変なことになります。他にも、作成者以外の人ともデータを共有しやすいなど、導入したらさまざまな利点があります。

電気CADとは電気設計のためのCADです。CADとはパソコンを使い、設計や製図を製作することができるソフトです。