CADって何処がいいの?CADを導入することで得られるメリットとは何か

CADって何処がいいの?CADを導入することで得られるメリットとは何か

共同作業が行いやすい

手書きの図面では持ち運べる数に限界があります。そのため膨大な量の図面を社内の人や他社の人と共有するのが難しいという問題がありました。仮に紙の図面を共有できたとしても同時に図面を確認できる人数にも限界があり、意見交換が行いにくいという問題も起きていました。これらのデメリットを解決できるのがCADです。CADは図面のデジタル化を行えるため、データの共有が行いやすいというメリットがあります。1人1台のパソコンがあれば誰でも同じ時間に図面を見ることができるため、意見交換が行いやすいというメリットも得られます。データを共有できるようになったことで、社内の人や他社の人と共同で作業を行えるようになるという利点もあります。

修正作業がスムーズに行える

手書きの図面におけるデメリットの1つが修正作業による作業効率の低下です。手書きで図面を進めていく中で頻繁に発生するのが修正作業でしょう。手書きの場合はミスした部分を消しゴムで消していきますが、必要な部分を消してしまうケースも考えられます。消しゴムで消してしまった部分は元には戻せないため、再びペンで書き直す作業が求められます。本来であれば書き直す必要のなかった場所を書き直さなければならないため、どうしても作業効率が落ちてしまうでしょう。それに対してCADはクリック作業1つで必要のない部分を消すことができます。必要な部分を消してしまっても、クリック作業1つで元に戻すことも可能です。クリック作業1つで簡単に修正作業を行えるため、手書きよりも作業効率が良いというのがCADの利点でしょう。

水道CADは専門記号をアイコンから選んで配置するだけですので、製図時間を効率的に進めることが可能です。データの共有もできて打ち合わせなどがスムースです。